患者にとって居心地の良い環境を

入院する場合、看護師の対応が良いかどうかというふうに考える患者は多いでしょう。もちろん医師がしっかりと自分を診てくれることも必要ですが、看護師の態度が悪いと病棟にいても落ち着かないということがあると思います。
長期入院というようなこともあるわけですから、看護師としては患者にとって出来るだけ居心地の良い環境にしてあげる必要があります。そのためには病棟での環境を整えることが重要なのです。
そのために努力をしている看護師はたくさんいることでしょう。そしてそれも看護師としての仕事の一つということになるのです。そう考えると看護師というのは本当に大変な職業ということになります。
何を心地いいと感じるかは患者によって様々だからです。全ての患者にとって心地いい環境を与えることは難しいことです。この人にとっては嬉しいことでも、他の人にとってはそうではないというようなこともあるのです。
そして長く入院して退院時期が決まっていないという患者においては、ストレスがかなり溜まっているということもあるでしょう。そういう患者に対して少しでも気持ちを明るくしてあげるような努力が必要になります。
その努力が看護師にとって苦痛ということもあるのです。でも看護師によってはそれを得意とすることもあるでしょう。病棟で看護をすることにより様々な経験を積みたくさんのことを学ぶことになるでしょう。でもどんな時でも自分の信念のようなものが必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です